ニワトリとミツバチで安城市へ

ニワトリの飼育相談で、安城市へ行ってきました  

勿論、いつもの老人3人組

トサカに粉を噴いたような白色 ・・・ わかりません、元気ならいいでしょう

1羽お尻の毛が無い ・・・ 自分で抜くらしい ( 趣味 ・ 癖 ? )

イジメ ・・・ どこにでもある

安心しました  

産卵が減る ・・・ 当たり前 (2年目は半減するそうです)

それで、15羽の雌と1羽の雄を注文

鶏舎は30羽体制にします

10月中旬まで待つと入荷します

IMGP0377.jpg


続いて、日本ミツバチの飼育をしている神谷さんを訪ねました

初めてお会いしましたが、優しい語り口で何でも教えてくれます  

3月中旬からミツバチの分蜂が始まります

巣箱に蜜と蜜ロウを塗ると、ミツバチが入る確率が上がるそうで、

帰りに頂いちゃいました

ありがとうございました  



それから、行きも帰りも道に迷ったようです

行きの回転寿司はなかなか見つからず、帰りはかなり南まで走ったような

年のせいですかね  




ブログランキング に参加していますにほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
                                                スミマセン
                         ポチッ! ご協力お願いします   







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いっぺんに二つの内容の濃い研修を、効率よくこなせたことは三本の矢のがあったればこそ、アベノミクスのそれ以上の実績です。もうひとつの矢とは、せっかちになった老人に気づかされたことでしょうか。
はははは!同感でした!!

この前中日新聞に西尾の日本ミツバチ研究会の話が載ってたね、
彼らも種の保護のために活動していて、この春の分蜂情報を欲しがってたな!

ハハハーーー
私、じっと我慢の子でしたよ
ナビの日比君が慣れていなかった
カーナビの実力を思い知らされました
収穫は大きかったから良かったです

その人で~す
安城市在住で、色々と活動してお見えでした
すごい人ですよ